関西屈指のソープ街を擁する街「雄琴」で美女たちと甘美なひとときを…

雄琴ソープ古い歴史を持つ「雄琴温泉」やすぐ隣に広がる琵琶湖を満喫できるスポットなど、さまざまな魅力が溢れている雄琴。観光目的で訪れる方は多いと思います。

しかし、多くの男性を惹きつける最大の魅力は、「関西随一のソープ街」という点ではないでしょうか。

ディープな世界広がるソープ街

雄琴、特に苗鹿3丁目は30店舗を超えるソープランドが密集しており、風俗通いが好きな男性にとっては夢のような場所です。
一見、どこにでもある閑静な住宅街といった雰囲気に思えますが、少し奥へ進むとそこにはディープな世界が広がっています。

至るところに派手な看板が立ち並び、立派な門構えが特徴的な建物や洋館のような建物などが数多く見られます。
ソープ目的で雄琴を訪れたわけではないにしても、一見の価値ありです。キャッチのボーイにしつこく声をかけられる、ということはないので安心して散策できます。

東京の「吉原」や北海道の「すすきの」に比べるとソープ街としての歴史は浅いですが、店舗の数やサービスの質はほかと遜色ないレベルで充実しています。格安店、大衆店、高級店と予算に合わせてソープを楽しめます。また、店舗ごとに異なるコンセプトを掲げているので、同じソープでも違った趣向で最高級のおもてなしをしてもらうことができます。

雄琴観光とのセットがオススメ

関西を代表するソープ街では、相手をしてくれる女の子のレベルも一級品。文句なしのルックスを誇ることはもちろん、幅広いタイプの女の子が在籍しているので自分の好みや性癖にピッタリの相手が見つかります。

ソープ街は雄琴温泉や湖岸から近い場所にあるので、各観光スポットとの行き来がしやすい点がポイントです。

日中は雄琴観光で心身の疲れを解消し、夜は自慢のソープランドで溜まった性欲を解消する、といった観光プランを組んでみるのも面白いかもしれません。